Hispaniaのメソッド


Hispania, escuela de español では独自の教授法を用い、学生の皆さんが主役の会話を中心とした学習法の中で文法、ボキャブラリー、リスニング、筆記を学びます。当校のティーチングメソッドは「間違い」をスペイン語学習の第一歩とし、学生の皆さんが「間違い」を恐れることなく、積極的に授業に参加できるような楽しいクラスづくりを目指しています。

当校の教授法における重要な鍵は教授陣にあります。講師陣のプロ意識と努力により、当校では特定のテキストや本に頼らず、週ごとにクラスに在籍する学生の皆さんに合わせた「ア・ラ・カルト」な授業を行なっています。クラスは少人数制なので講師陣は各学生のレベルや上達度をきちんと把握しており、定期的なレベルテストを行う必要がありません。

当校のクラスは「1クラス完結型」で、クラスには「はじめ」と「終わり」があり、各クラスで取得すべきスペイン語の用法、文法、ボキャブラリーが設定されています。このようなクラス体制により、全ての学生が授業数の大小に関わらず最大限の成果を上げることができ、各々の上達度によりクラスのレベル変更が行われ、全ての学生が同じリズムでスペイン語を取得する必要がなく、自分のリズムで学ぶことができます。

このような当校の教授法により、学生の皆さんは、授業時間の変更やクラスのキャンセルが可能で、キャンセルしたクラスは振替が可能です。